ホールのようなリビングで極上の音に包まれる家

ホールのようなリビングで極上の音に包まれる家

ホールのようなリビングで
極上の音に包まれる家

浜松の家 設計: 井上昌彦 施工: ASJ浜松スタジオ 撮影: 長谷川潤
最高の音を楽しめるように緻密に計算されたリビング

音楽をとことん楽しむために。

誰もが一度は、自分の趣味を思う存分堪能できる家に暮らしたいと思ったことがあるだろう。この浜北の家は、音楽を愛する一家が音楽を心ゆくまで楽しむために建てた家だ。

ご主人様と奥様はともにトランペット奏者として、それぞれ吹奏楽団に所属。ご長男もかつては打楽器を演奏し、ご次男はいまもご両親とともにトランペットを携え、演奏会に参加することもあるという。

そんなN様ご家族がお母様と5人で暮らしていた以前の家は、築30年が経ち、使っていない部屋も多く、とにかく冬は寒かった。しかも床材が浮いていたり、壁が剥がれていたりと、建物自体がかなり傷んでいた。

「そこで建て替えを考え、県内にある住宅展示場を回ったんですが、住宅メーカーが提案するプランには、どうにも面白みがなくて。こちらの希望は叶えられていても、なんというか、想像できる範囲にとどまっている感じがしたんです」

井上昌彦

ありきたりではない、
想像を超えるプランを求めて。

しかし、想像を超えるプランを求めて建築家に依頼したくとも、アプローチの方法がわからない。そんなとき、新聞広告で見つけたASJのイベントに参加したのが、この家を建てるきっかけとなった。

そしてN様のご希望に合わせてASJ浜松スタジオが推薦した井上昌彦さんが設計を担当することになり、〝建築家との家づくり〟がスタートした。

大きなスピーカーにはウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の名プレイヤーのサインが

家づくりっておもしろい!
笑いが絶えなかった建築家との打ち合わせ。

「とてもワクワクしました。やっぱりプロの発想はすごい。家づくりって、面白いなぁって思いました」
とご主人様。笑いの絶えない打ち合わせを重ね、N様御一家のこだわりの詰まった家が完成した。 ご主人様がもっともこだわったのは、一階のリビングルーム。「仕事から帰ってきたら、音楽に癒されたい」との希望を映して、空間のサイズや、壁や床の材質を緻密に計算した吹き抜けの大空間がつくられた。よりクリアな音を楽しむため、壁には吸音効果のあるサランネットを施したほか、床はコンクリートに床材を直張りし、主に低音の共鳴を抑えたという。さらに、壁には30㌢以上の厚みをもたせることで、余計な共鳴を抑える効果を高めている。もちろん、近隣への音漏れも心配ない。

引き出し収納を備えた小上がり

ランドリールームで…

奥様のこだわりは2階の南側に位置するランドリールーム。
洗濯物を干すことができる広めのテラスを備えながらも、天気の悪い日には室内干しもできるのが、とても便利。 さらには小上がりも設置して、愛猫とともにお昼寝も可能。しかも大容量のウォークインクローゼットに隣接しているため、乾いた洗濯物を片付けるのもラクなのだ。

ホールのようなリビングで極上の音に包まれる家

住んでからも夢を語りたくなる家

「あたらしい家になってから、家に帰るのが早くなりました。家のなかがあたたかくなったし、2匹いる猫たちも元気になったみたい」
と奥様。いつかはリビングで、家族揃って演奏会をしたいと、夢を語ってくださった。家族がひとつになる。家は、そのためのステージだといえるだろう。

(取材/吉田桂)

ASJで建築家との家づくりを楽しみませんか。